許可申請のご依頼は松戸市の行政書士、西村経営労務事務所まで。許認可、遺言書、事実証明などの作成はお任せください。

行政書士の役割

行政書士の仕事って?

行政書士の業務は行政書士法に定められていますが、簡単に例を挙げると、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行うことです。
行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなってきています。又、社会生活の複雑高度化等に伴い、その作成に高度の知識を要する書類も増加してきていいます。

行政書士の仕事内容一覧(一例)

■家を建てたいとき
農地転用許可申請
開発行為許可申請
建築確認申請
道水路占用、加工許可申請
官民境界明示申請
公有地の払下申請
公庫、金融機関の融資申込

■建設業等を営業したいとき
建設業許可申請
経営事項審査申請
建設工事入札指名願
浄化槽業者許可申請
産業廃棄物業者許可申請
運送事業許可申請

■飲食店などを開店したいとき
飲食店営業許可申請
旅館営業許可申請  ほか

■会社設立したいとき
法人設立許可申請
定款認証手続
議事録等の作成
社会保険の申請
労働保険の申請

■車を購入したいとき
車庫証明
自動車登録
自賠責保険請求
運転免許申請

■国際業務
就労・留学ビザ取得
招へい・在留諸手続
外国人登録
パスポート申請
国際結婚手続
渉外戸籍・帰化許可
会社設立・貿易業務

■その他
会計帳簿の記帳代行
遺産分割協議書の作成
特別地方消費税の作成
貸金業者登録申請
各種契約書類の作成等

行政書士の役割・使命

行政書士が、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、又行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益があることから、行政書士制度の必要性は極めて高いと言われています。
業務としては、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと徐々に移行しています。高度情報通信社会における行政手続きの専門家として国民から大きく期待されています。

これからの行政書士は法務コンサルタントでの活躍、事務弁護士としての役割が期待されている職業であります。行政書士の必要性はますます大きくなると思われ、「町の法律家」として行政書士の活躍の場はどんどん増えていくと思われます。

行政書士の活用メリット

1.費用を安く抑えられる
トラブル解決の専門家と言えば、弁護士・司法書士・行政書士という選択肢が出てきます。当事者間の協議で解決できるようなら、行政書士に依頼した方が費用を安く抑えることが可能です。もちろん、ご自身で全て行えば費用はかかりません。しかし、一から勉強して書面を作成する時間と労力や書面作成後の安心感をお金に換算すれば、行政書士に依頼した方が費用を抑えられると思います。

2.一から法律知識を勉強することなく、時間と労力の節約ができる
内容証明・契約書等の作成では法律を踏まえて、相手に対して効果的な内容を盛り込む必要がありますし後々のトラブル予防についても考えなくてはなりません。これらのことをご自身で全てやろうとすれば、手間も時間もかかってしまいます。そもそも、作成した書面が、法律の内容に沿ったものか分からず不安になってしまうことでしょう。行政書士に依頼することで、手間と時間を節約でき、安心を得ることができます。

3.専門家が関与した書類だから、社会的信用力があります
行政書士は、難関な国家試験を突破し、日本行政書士会連合会に登録された国家資格者です。内容証明を作成に行政書士が関与すれば、ご自身で送る場合よりも相手に与える心理的プレッシャーは全く異なります。また、契約書を作成する場合であっても、ご自身が作成する場合よりは、相手も専門家が関与した書類だからと信用して、スムーズに契約手続を行えます。

4.いつでも相談できて安心できます
書面作成のご相談だけではなく、それに伴うご相談や不安な事について、いつでもお問い合わせいただけます。トラブルが解決していない間は、「相手がどんな対応を取ってくるのか?」、「どのように行動を起こして行けばいいのか?」不安な事は尽きないことと思います。行政書士に相談すれば、『専門家がいつでもついてくれているという安心感』から、相手との話合いも堂々と行う事が出来、交渉もあなたの有利に進む可能性は大きいことでしょう。

事務所紹介
料金のご案内
お問い合わせ